私たちは葬儀を通じて個人様の思いを伝え、残された人の心にその思い刻み、生きることの大切さと尊さを知ることで心豊かな人生を歩んでいただきたいと願っています。

葬儀の基礎知識

葬儀の基礎知識

医師による死亡判定が必要なのはどうして

病気などの自然死の場合、医師の判定を受けます。また、事故死や死因不明の場合、警察医による検死を受けます。 いずれの場合も医師の死亡判定を受けるまでは、遺体を動かすことが禁じられているためです。

退院手続きにあたっての心得

亡くなった後は、葬儀の準備などで忙しくなるので、できるだけ病院への支払いや死亡診断書の受け取りは、 遺体を引き取る日に済ませましょう。後日あらためて、菓子折りなどを持参し、医師や看護師へお礼をするのもよいでしょう。

納棺するとき、棺に入れてはいけないものは?

火葬に支障があるものはダメです。
例えば、メガネ・ライター・ゴルフクラブ・アクセサリーなどの金属製品には注意しましょう。

棺の種類は?

ヒノキやモミの木を使用した高級な天然木棺、最もよく使われる桐を使用した桐棺、最近増えつつある布張棺などがあります。

葬儀の日程を決めるときのポイント

一般的には、亡くなった日の翌日に通夜、翌々日が葬儀・告別式という日程が多いようです。
しかし、日柄、僧侶などの都合、火葬場の混雑状況を考慮する必要もあります。
また、年末年始にかけて休む火葬場が多いことも知っておくべきです。

喪主と施主の違い

喪主とは、遺族の代表者のことで、施主とは、葬儀費用を払う人を指します。
一般的には、喪主と施主は同一の人がなることが多いです。

葬儀時の服装

遺族は、通夜、葬儀・告別式に正礼装か準礼装でのぞみます。
男性の場合は、ブラックスーツに黒のネクタイ。女性の場合は、通夜は洋装、葬儀・告別式は和装にする人が多いようです。

さまざまな法要について

忌明法要

四十九日の法要。遺族、近親者、知人が集まり、忌明けの法要を行います。
日取りは皆が出席しやすい、直前の土・日曜日に行うことが多いようです。
ご住職に読経をお願いして供養を営み、式が終わったら参列者を接待し、食事のあと引き出物をわたします。 この日に納骨を行うことも多いです。

開眼法要

新しい仏像などを使い始めるとき、眼を描き入れ仏に魂を迎え入れる儀式を「開眼」といいます。
開眼供養により、仏壇やお墓に魂を入れ、ただの箱や石から仏壇・お墓と意味のあるものにする法要です。
四十九日や一周忌にあわせて行うことが多いようです。

年忌法要

亡くなった翌年の祥月命日を一周忌といい法要を営みます。
一周忌のあとは、満二年目の三回忌(一周忌以降は死去した年も入れて数える)、 七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌に法要を営みます。
年忌法要は、命日に行うものですが、最近は皆が出席しやすい土・日曜日に行うことが多いようです。 その場合は、必ず命日より前にするのが習わしです。

白鳥セレモニーホール

〒125-0063 東京都葛飾区白鳥 2-19-10 Tel.03-3603-7979・FAX03-3603-9499 年中無休 24時間受付